GALAXY S4 SC-04Eの製品アップデート情報(2014年7月8日)

はじめに

GALAXY S4 SC-04Eの製品アップデートに関してお知らせいたします。

更新開始日 機種名 対応方法 更新期間 その他
2014年7月8日 GALAXY S4 SC-04E OSバージョンアップ 2017年7月31日まで なし
更新開始日 2014年7月8日
機種名 GALAXY S4 SC-04E
対応方法 OSバージョンアップ
更新期間 2017年7月31日まで
その他 なし
アップデート方法 更新時間1
端末本体(Wi-Fi、Xi/FOMA) アップデート方法 約34分
パソコン アップデート方法 約109分
  1. お客様ご利用のインターネット回線環境や、バックアップするデータ量により異なる場合があります。

アップデート内容

主なアップデート内容

「ユーザ補助」(機能改善)

アシスタントメニュー

アシスタントメニューの画像

ダイレクトアクセス

ダイレクトアクセスの画像
  • 目の不自由なユーザや低視力のユーザがご利用にあたり、より快適にご利用いただける視覚機能
  • 音楽やビデオなどの音に合わせて本端末が振動する「自動反応バイブ」機能(一部のアプリケーションのみが対応)
  • 機能操作時に、速やかにメニューへアクセスし操作性を向上する「アシスタントメニュー」機能
  • ホームボタンを素早く3回押してユーザ補助機能を設定/解除できる「ダイレクトアクセス」機能

「緊急時長持ちモード」(機能改善)

「緊急時長持ちモード」(機能改善)の画像
  • 懐中電灯(フラッシュライトを点灯)をホーム画面上から起動することができます。
  • 緊急アラームをホーム画面上から起動することができます。
  • 「現在地を共有」機能が追加されます、あらかじめ登録しておいた連絡先(最大4件まで)に現在位置情報を付加したメッセージを送信することができます。

絵文字のリニューアル

絵文字のリニューアルの画像
ドコモの絵文字がリニューアルして252個から698個に拡大しました。他社ケータイ宛に送っても自動変換されます。ますます表現力豊かになった絵文字を使って、コミュニケーションをお楽しみください。

プリンタ連携機能

パソコンが無くても写真やホームページの印刷が利用可能になります。
  • 詳しくは各プリンタメーカーにお問い合わせください。

ドコモメール

OSバージョンアップと合わせて、spモードメールがドコモメールに切り替わります。メールアドレスはそのままでより快適に利用可能となったドコモメールをぜひご利用ください。
またWi-Fiでの利用に際しては、docomo ID(dアカウント)の設定が必要となります。

改善される事象

  • ブラウザ起動後、まれにきせかえコンテンツがダウンロードできない場合がある。
  • 上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。

アップデート手順

アップデート方法

端末本体によるアップデート

パケット通信(FOMA/Xi)、Wi-Fi通信を利用してソフトウェアの更新を行います。
「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」を選択し、画面の案内に従って操作を行うことで、アップデートできます。

PDF「docomo SC-04E」端末本体によるソフトウェア更新手順書(PDF形式:690KB)

パソコン接続によるアップデート

「Samsung Kies」を利用して、ソフトウェアの更新を行います。あらかじめお使いのパソコンに「Samsung Kies」をインストールする必要があります。

  • 1回の更新でバージョンアップが可能です。

PDF「docomo SC-04E」パソコン接続によるソフトウェア更新手順書(PDF形式:1,027KB)

ソフトウェアバージョンの確認方法

携帯電話(本体)のビルド番号を確認いただき、最新でない場合はアップデートをお願いいたします。

ビルド番号

過去ビルド番号:JSS15J.SC04EOMUBNC3
最新ビルド番号:KOT49H.SC04EOMUFNF6

確認方法

「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」

アプリアップデート手順

日頃お使いのアプリケーションをより快適にご使用いただくために、アプリケーションのアップデートもあわせて実施してください。

AndroidTMのアプリアップデート方法

「Playストア」および「設定」からアプリをアップデートできます。

AndroidTMのアプリアップデートについて

ご注意事項

バージョンアップ実施前の確認

  • SC-04EではOSバージョンアップ後、ブラウザ(※アプリ名称)に登録されたブックマークデータをドコモバックアップ(お預かりセンター、microSD)、DOCOPYを利用してのデータ移行はできなくなります。OSバージョンアップ前にあらかじめ移行手順を実施してください。

移行手順

  • Googleアカウントを使用したChromeブラウザへの移行手順をご案内します。Googleアカウントが必要となります。

事前準備

  1. Chromeブラウザを起動、「設定」メニュー>「ブックマークをインポート」を選択し、ブックマークをインポートします。
  2. 「設定メニュー」>「Chromeにログイン」を選択し、Googleアカウントを選択。
  3. 同期がONになっていることを確認する(Googleアカウントにブックマークデータのバックアップが完了します)。

OSバージョンアップ実施後

  1. Chromeブラウザを起動、「設定」メニュー>「Chromeにログイン」を選択し、Googleアカウントを選択。
  2. 同期がONになっていることを確認する(Googleアカウントにバックアップされたブックマークデータが同期されます)。
  • バージョンアップは手順をよく読み、お客様の責任において行ってください。
  • バージョンアップを行うと、以前のバージョンへ戻すことはできません。
  • バージョンアップを行う際は、取扱説明書をご確認のうえ、事前にデータのバックアップを行ってください。
    • 一部バックアップが取れないデータがありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本体の電池残量が満充電の状態で行ってください。電池残量が不足している場合はバージョンアップができません。
  • バージョンアップを実施する前に、全てのアプリケーションを終了してください。
  • バージョンアップ中は、電話の発着信を含め全ての機能をご利用いただけません。
  • バージョンアップ中は、絶対に電源をOFFにしたり、電池パックをはずしたりしないでください。
  • バージョンアップに失敗し、一切の操作ができなくなった場合は、お手数ですがドコモショップなどの故障受付窓口までご相談ください。
  • バージョンアップを行うと、一部の設定が初期化されます。バージョンアップ完了後、再度設定を行ってください。
  • ソフトウェアの更新確認などパケット通信を利用する場合は、パケット通信料が発生しますので、あらかじめご了承願います。

パケット通信(FOMA/Xi)で実施する場合の注意事項

  • パケット通信料が発生します。
  • 当月ご利用のデータ通信量が当社指定量を超えた場合は、当月末まで通信速度が制限されます(リミットモードでご契約の場合)。

  • 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
  • 「Android」「Google」「Google Chrome」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ