ドコモUIMカードについて

ドコモUIMカード Ver.6の画像
▲ドコモUIMカード Ver.6
  • バージョンによりカラーが異なります。
    Ver.1:青、Ver.2:緑、Ver.3:白、Ver.4:赤、Ver.5:ピンク

ドコモUIMカードとは、電話番号などのお客様情報が入ったICカードであり、対応機種に挿入して使用します。
ドコモUIMカードの端末への挿入方法については、端末により異なりますので端末の取扱説明書をお読みください。

ドコモUIMカードの中に電話帳やおサイフケータイ、SMSのデータを保存することができます。電話帳やSMSのデータの保存などの操作方法は端末により異なりますので端末の取扱説明書をお読みください。また、おサイフケータイのデータ保存方法については、ご利用のおサイフケータイ対応サービス提供者にお問い合わせください。

各部の名称およびIC部分の取り外し方法

各部の名称およびIC部分の取り外し方法の画像
  1. カードを図1のように持ちます。
  2. 図2のように、IC部分の後ろの接続部に左手の人差し指を当ててください。
  3. 図3のように、IC部分を後ろから上に押し上げます。
  4. 外れたIC部分を図4のように起こし、カードから完全に取り外します。
  • ICに触れないように手袋などを着用してIC部分を取り外してください。
    ICに直接触れてしまった場合は乾いた柔らかい布などで拭いてからご使用ください。
注意

取り外しの際、手や指を傷つける可能性がありますのでご注意ください。

PIN・PINロック解除コード(PUK)

ドコモUIMカードには「PIN1コード」および「PIN2コード」という暗証番号があります。「PIN1コード」および「PIN2コード」の初期値は、「0000」に設定されており、変更することが可能です。暗証番号の変更方法および利用方法については端末の取扱説明書をご覧ください。
「PIN1コード」「PIN2コード」は、入力を3回連続して間違えるとロックされます。ロック状態を解除するには、「PINロック解除コード(PUK)」の入力が必要となります。「PINロック解除コード(PUK)」は、入力を10回連続して間違えると完全にロックされます。
「PINロック解除コード(PUK)」を忘れた場合や完全にロックされた場合は、ドコモUIMカードと本人確認書類(運転免許証など)をお持ちのうえ、お近くのドコモショップまでご来店ください。

ドコモショップ

注意事項

安全上のご注意

  • IC部分を取り外す際に、手や指を傷つけないよう、ご注意ください。
  • ドコモUIMカードを取り扱う際は、指などの体の一部を傷つけないよう、切断面にご注意ください。けがなどの原因となります。
  • 高温になる場所(火のそば、暖房器具のそば、こたつや布団の中、直射日光の当たる場所、炎天下の車内など)で使用、保管、放置しないでください。火災、やけど、けが、感電、データの消失、故障などの原因となります。
  • ドコモUIMカードを電子レンジ、IH調理器などの加熱調理機器、圧力釜などの高圧容器に入れたり、近くに置いたりしないでください。火災、やけど、けが、感電、データの消失、故障などの原因となります。
  • 火の中に入れないでください。火災、やけど、けが、感電、データの消失、故障などの原因となります。
  • 水などの液体(飲料水、汗、海水、ペットの尿など)で濡らさないでください。火災、やけど、けが、感電、データの消失、故障などの原因となります。
  • 子供が使用する場合は、保護者が取り扱いの方法を教え、誤った使いかたをさせないでください。けがなどの原因となります。
  • 乳幼児の手の届く場所に置かないでください。誤って飲み込んだり、のどに詰まらせたり、けがなどの原因となったりします。

取り扱い上のご注意

<ドコモUIMカードの取り扱い上のご注意>

  • IC部分の取り外しには、無理な力がかからないようにしてください。
  • ご使用になる端末への挿入には無理な力がかからないようにしてください。取り扱いを誤ると、ドコモUIMカード・端末が壊れる場合がありますのでご注意願います。
  • 使用中、ドコモUIMカードが温かくなることがありますが、異常ではありません。そのままご使用ください。
  • 他のICカードリーダー/ライターなどにドコモUIMカードを挿入して使用した結果として故障したり、保存データが破損したりした場合は、お客様の責任となりますので、ご注意ください。
  • IC部分はいつもきれいな状態でご使用ください。
  • お手入れは、乾いた柔らかい布(めがね拭きなど)で拭いてください。
  • ドコモUIMカードを落としたり、衝撃を与えたりしないでください。故障の原因となります。
  • ドコモUIMカードを曲げたり、重い物をのせたりしないでください。故障の原因となります。
  • ICを傷つけないでください。故障の原因となります。
  • ICに不用意に触れたりショートさせたりしないでください。データの消失、故障の原因となります。
  • 分解や改造をしないでください。データの消失、故障の原因となります。
  • ドコモUIMカードを使用する機器は、ドコモUIMカードの形状に合うものを使用してください。ドコモUIMカードの形状に合わないものを使用した場合は、データの消失、故障の原因となります。
  • 湿気やほこりの多い場所や極端な高温・低温になる場所には保管しないでください。故障などの原因となります。

<お願い>

  • ドコモUIMカードの所有権は、当社に帰属します。
  • 紛失・破損などによるドコモUIMカードの再発行は有償となります。
  • 解約などの際は、ドコモUIMカードを当社にご返却ください。
  • お客様からご返却いただいたドコモUIMカードは、環境保全のためリサイクルされます。
  • ドコモUIMカードの仕様・性能は、予告なく変更する場合がありますのでご了承願います。
  • お客様ご自身で、ドコモUIMカードに登録された情報内容は、別にメモを取るなどして保管してくださるようお願いします。また、当社は、おサイフケータイのデータの再発行や復元、一時的なお預かりの機能(バックアップサービス)を提供しておりません。登録された情報のバックアップについては、各おサイフケータイ対応サービス提供者のバックアップサービスをご利用ください。なお、バックアップサービスの詳細やそのご利用条件(必要な事前手続や料金など)は、お客様ご自身で各おサイフケータイ対応サービス提供者にお問い合わせください。万が一、登録された情報内容が消失してしまうことがあっても、当社としては責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

輸出管理規制について

本製品および付属品は、日本輸出管理規制(「外国為替及び外国貿易法」およびその関連法令)の適用を受ける場合があります。また米国再輸出規制(Export Administration Regulations)の適用を受ける場合があります。本製品および付属品を輸出および再輸出する場合は、お客様の責任および費用負担において必要となる手続きをお取りください。詳しい手続きについては経済産業省または米国商務省へお問い合わせください。

材質一覧

PDFドコモUIMカード材質一覧(PDF形式:411KB)


  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ