もっと便利に・もっとおトクに

<「カケホーダイ&パケあえる」の新規申込み受付終了について>
「カケホーダイ&パケあえる」のFOMA、Xi料金プランおよび割引サービスは、2019年5月31日(金曜)をもって新規申込み受付を終了いたしました。

「カケホーダイ&パケあえる」を、便利・おトクにご利用になるためのサービスをご紹介します。

ドコモ新料金プラン誕生

2019年6月1日(土曜)より提供開始。データ通信料も基本料金に含まれたオールインワンな料金プランです。

新料金プラン

便利でおトクなサービス

ひとりで2台ご利用なら「2台目プラス」

「カケホーダイプラン」、「カケホーダイライトプラン」、「シンプルプラン」と同一名義でデータプランを契約する場合、ベーシックパック、ウルトラデータLパック、ウルトラデータLLパックでも利用可能データ量がシェアできるサービスです。

2台目プラスのイメージ2台目プラスのイメージ 注意1 注意1 注意1
  1. ステップとはデータ量に応じて変動するベーシックパック定額料の各段階の総称です。ステップ1(~1GB):2,900円、ステップ2(~3GB):4,000円、ステップ3(~5GB):5,000円、ステップ4(~20GB):7,000円)
  • 「2台目プラス」対象回線は、シェアオプション定額料(500円/月)が自動適用されます。
  • 代表回線で契約しているパケットパックの利用可能データ量がシェア対象となります。対象回線で契約しているパケットパックはシェア対象にはできません。
  • 「2台目プラス」を設定する場合は、「2台目プラス」の廃止などによる通信料の高額請求抑止のため、対象回線にベーシックパックが自動契約されます。なお、シェアグループ参加前にデータパックを契約中の場合は、そのまま引き継がれます。ただし、「2台目プラス」設定中は、対象回線のベーシックパックの料金は課金されません。「2台目プラス」廃止などの場合は、契約中のパケットパックが自動適用および自動課金されます。

利用可能データ量を超えてしまったら「スピードモード」「1GB追加オプション」

データ量が足りなくなったら、1GBずつ追加できます!追加方法は2種類。料金は1GBあたり1,000円で実際に使用した分だけ。

スピードモード

ご契約プランの利用可能データ量超過後も、事前にお申込み・指定したデータ量まで、通常速度でご利用になれるサービスです。

スピードモード

1GB追加オプション

利用可能データ量を超過した場合に、利用できるデータ量を1GBあたり1,000円ずつ、いつでも追加できるサービスです。

1GB追加オプション

一人ひとりの利用データ量の上限を設定「データ量上限設定オプション」

家族のデータシェアがより便利に 1人ひとりの利用データ量の上限を設定可能に。お子さまの使い過ぎを防ぐことができます。さらに、シェアパックの支払い対象回線を設定可能に。家族のデータシェアがより便利に 1人ひとりの利用データ量の上限を設定可能に。お子さまの使い過ぎを防ぐことができます。さらに、シェアパックの支払い対象回線を設定可能に。

一人ひとりに利用できるデータ通信量を設定可能に

一人ひとりに利用できるデータ通信量を設定可能にの画像一人ひとりに利用できるデータ通信量を設定可能にの画像

パケット料をみんなで均等割「シェアパック分割請求オプション」

シェアパック定額料、ずっとドコモ割プラスの割引額、シェアオプション定額料、スピードモード/1GB追加オプション利用料の合計額を、シェアグループ内の回線で均等にご負担してお支払いができます。

シェアパック分割請求オプションイメージ

  • シェアグループについてのご利用料金を回線数 2で均等割。
  • 分割した各回線の料金を、回線単位でも一括請求グループ単位でもお支払い可能。
シェアパック分割請求オプションイメージ

余ったパケットがくりこせる「パケットくりこし」3

パケットパックの利用可能データ量を使わなかった場合に、翌月に繰り越して利用できます。
家族でシェアしている場合も、使わなかったデータ量を翌月に繰り越せるから、更に無駄なくご利用が可能です。

ウルトラデータLパックの場合

パケットくりこしイメージ パケットくりこしイメージ 注意4 注意5 注意6

【ご注意事項】
「カケホーダイプラン」または「データプラン」のみを申込まれる場合は、オンラインお手続きではお申込みできませんので、ドコモショップまたはドコモ インフォメーションセンターにてお手続きいただきますようお願いいたします。


【データ量上限設定オプションについて】

●申込者
「シェアパック」「ビジネスシェアパック」の代表回線

●設定可能な対象者
「シェアパック」「ビジネスシェアパック」の各回線(代表回線含む)

●受付チャネル
ドコモショップ・量販店・インフォメーションセンター・ドコモ オンライン手続き

  • データ量上限設定オプションの申込み後に、「データ量上限設定サイト」にてデータ量の設定を行う必要があります。

●注意事項

  • 上限を設定した回線の利用データ量がデータ量上限に到達したことを当社が確認できた時点で、加入しているシェアパックの速度制限に関わらず、該当の回線は当月末まで送受信128kbps通信となります。実際の利用データ量と、上限設定による速度制限がかかるタイミングが異なる場合がございますので、上限データ量の設定・変更は目安としてご利用ください。
  • 「シェアパック分割請求オプション」との重畳契約はできません。
  • データ量の上限は、契約中のシェアパック・ビジネスシェアパックの容量に関わらず、1~999GBの範囲にて1GB単位で設定可能です。
  • 「データ量上限設定オプション」はお申込み月からの適用のみ選択可能です(予約適用・予約廃止不可)。ただし、対象のシェアパックが翌月から適用となっている場合に限り、翌月1日からの適用となります。なお、上限データ量の設定・変更はお申込み月からの適用・翌月1日からの適用・当月末までの予約廃止を選択可能です。
  • 「データ量上限設定オプション」の設定を行った時点で、利用データ量が到達している場合、設定と同時に速度制限がかかります。
  • 速度制限がかかった場合、「データ量上限設定オプション」の廃止、もしくは制限がかかった回線の上限データ量を変更することで、速度制限解除が可能です。シェアパックの1GB追加オプション申込みでは、速度制限解除されません。
  • 各回線にデータ量上限を設定したまま「データ量上限設定オプション」を廃止し、同一シェアグループにて再度「データ量上限設定オプション」のお申込みがあった場合は、廃止時に設定されていたデータ量上限を引き継ぎます。
  • データ量上限の設定・変更はiモード端末ではできません。
  • 「データ量上限設定オプション」ご契約中の場合、シェアグループの代表回線変更はできません。

【シェアパック分割請求オプションについて】

  1. デバイスプラス、キッズケータイプラスご利用の回線は分割請求の対象外です。
  • シェアパック分割請求オプションをお申込みの場合、シェアパック定額料(ずっとドコモ割プラス適用後額)、シェアオプション定額料、スピードモード利用料、1GB追加オプション利用料の合計額を、シェアグループ内のすべての回線数(分割請求対象外回線、キッズケータイプラス、デバイスプラスを除く)で分割(均等割り)し、各回線契約者にお支払いいただきます。(分割金額の指定はできません。)
  • 対象となる金額を回線数で均等割りした際に、1円未満の端数が生じた場合には、その端数を代表回線の請求額に合算させていただきます。
  • シェアパック分割請求オプションをお申込みの場合、お申込みのあった月のご利用料金よりシェアパック分割請求オプションの対象となります。
  • シェアパック分割請求オプションを廃止の場合、廃止のお申込みのあった月のご利用料金よりシェアパック分割請求オプションの対象外となります。
  • シェアパック分割請求オプションの対象となる月内に、そのシェアグループに所属したことのあるすべての回線が対象となります。(月途中でのシェアグループへの加入、シェアグループからの脱退、回線の解約、他の料金プランへの変更、電話番号保管等をお申込みで、月初や月末時点でシェアグループに属していない場合であっても、分割対象となります。)
  • シェアパック分割請求オプションは、シェアグループ代表回線契約者がシェアグループ内のすべての回線(キッズケータイプラス、デバイスプラスを除く)契約者から同意を得たうえでお申込みください。お申込みに際し、シェアグループ内の回線(キッズケータイプラス、デバイスプラスを除く)に代表回線契約者と異なる住所にお住まい、かつ異なる一括請求グループの子回線が含まれる場合、該当の子回線契約者の同意を同意書または電話にて確認させていただきます。(子回線契約者より、シェアパック分割請求オプションのお申込みについての同意していない旨の申告があった場合には、シェアパック分割請求オプションのお申込みを取り消しさせていただく場合があります。)
  • シェアパック分割請求オプションの分割金額は、月々サポートの割引対象料金となります。この場合、各月の割引対象料金が月々サポートの割引額に満たない場合は、残りの割引額を代表回線のご利用料金から割引します。
  • 分割請求対象外となった子回線は、「シェアオプション定額料」のみの支払いとなります。
  • シェアパックの代表回線を分割請求対象外の回線に指定することはできません。
  • 分割請求対象から対象外への変更は、お申込み月からの適用のみ選択可能です。ただし、対象のシェアパックが翌月から適用となっている場合に限り、翌月1日からの適用となります。
  • 分割請求対象外から対象への変更は、お申込み月からの適用となり、その月のご利用分から分割請求対象となります。
  • シェアパックの廃止予約となっている回線において、設定変更(分割対象から分割対象外、分割対象外から分割対象への変更)は受付不可となります。
  • 分割請求対象外に設定された回線が解約された場合、解約当月のご利用分まで分割請求の対象外となります。

シェアパック分割請求オプションの対象者を指定する場合、以下のとおりお申込み可能です。

●申込者
「シェアパック」「ビジネスシェアパック」の代表回線

●対象者
「シェアパック分割請求オプション」契約中のシェアグループの子回線

  • 基本プランが「デバイスプラス」「キッズケータイプラス」の契約回線は対象外

●受付チャネル
ドコモショップ・量販店・インフォメーションセンター・ドコモ オンライン手続き

  • ドコモオンライン手続きでの受付は、既に「シェアパック分割請求オプション」契約中の場合に限ります。

【パケットくりこしについて】

  1. 当該月において、ウルトラシェアパック30・50・100、シェアパック5(小容量)~30(大容量)、ウルトラデータLLパック、ウルトラデータLパック、データLパック(大容量)、データMパック(標準)、ビジネスシェアパック5~3000、ウルトラビジネスシェアパック100、ウルトラビジネスシェアパック50、ウルトラビジネスパック30の利用可能データ量に到達しなかった場合、その通常速度で利用可能な残データ量について、1GB単位で翌月にくりこしできます。その時、1GB未満の端数については、くりこしの対象外となります。(各種キャンペーン等で適用されるボーナスパケットは「パケットくりこし」の対象外です。)
  2. 1GB未満の端数はくりこされません。また、パケットパックを変更された場合、その時点で使っていないデータ量はくりこされません。
  3. パケットパックを変更、または「2台目プラス」をご契約・廃止された場合、その時点で前月からのくりこし分は消滅します。
  4. ご利用データ量は、①ご契約のパケットパックの利用可能データ量、②ボーナスパケットの利用可能データ量、③くりこし分の利用可能データ量/前月の追加購入データ量、④当月の追加購入データ量、の順で利用します。
  • パケットパックの変更、または2台目プラスのお申込みまたは廃止を行った場合、変更前のパケットパックから繰り越されている利用可能データは破棄されます。(月途中にパケットパックの変更、または2台目プラスのお申込みを行った場合は、変更またはお申込みまでが利用可能期間となります。)
  • データシェアで利用している場合、「パケットくりこし」対象データもシェアされます。
  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。
  • 基本プラン、パケットパックなどの提供条件詳細は、「提供条件書」をご確認ください。
このページのトップへ