5G(第5世代移動通信システム)

5G 注目情報

docomo 5G 未来へ、動き出す。5Gトライアルサイト 2017年5月開始!docomo 5G 未来へ、動き出す。5Gトライアルサイト 2017年5月開始!

おすすめコンテンツ

Open House 2017 in TOKYO
超高速無線データ伝送実験
5G関連動画等
技術トピックス講座5G 研究開発中の最新技術などをわかりやすく解説!

ドコモの5G研究開発

ドコモは2020年のサービス提供開始をめざして、第5世代移動通信システムである「5G」の研究開発に取り組んでいます。2020年代の情報社会では、移動通信のトラフィック量は2010年と比較して、1000倍以上に増大すると予測されています。「5G」はこのような増大するトラフィックに応えるネットワークシステムの大容量化を、低コスト・低消費電力で実現することを目標としています。さらに、10Gbpsを超えるような超高速通信やさらなる低遅延化、IoT/IoEの普及等に伴う多数の端末との接続への対応といった幅広い性能を考慮した研究開発を進めています。
またドコモで取り組んでいる研究開発の成果については、積極的に国際標準化団体への提案を行っています。
お客様によりご満足いただけるサービスを提供できるよう、今後も世界及び日本の移動体通信の発展へ寄与してまいります。

5G研究開発 関連情報

ドコモ5Gホワイトペーパーのイメージ

ドコモ5Gホワイトペーパー

ドコモ5Gホワイトペーパーでは、2020年以降の超高度情報社会の更なる発展に向けて、ドコモが考える5G無線アクセスの目標性能、技術コンセプトおよび要素技術について解説しています。

世界主要ベンダとの5G実験のイメージ

世界主要ベンダとの5G実験

ドコモは、世界の主要ベンダと5Gに関する実験で協力することに合意し、エリクソン、富士通、ファーウェイ、インテル、キーサイト・テクノロジー、メディアテック、三菱電機、NEC、ノキアネットワークス、パナソニック、クアルコム、ローデ・シュワルツ、サムスン電子の13社と個別の実験を行うとともに、その他ベンダとの協力も含めた幅広い検討を進めています。
各ベンダとの実験概要について紹介します。

世界主要ベンダとの5G実験の概要

ドコモ5Gホワイトペーパーのイメージ

5G関連動画

こちらでは、5Gに関連する動画をご紹介します。

5G関連動画

5G イベント

新体感!みらいスタジアム

新体感!みらいスタジアムイメージ

テクノロジーの進歩によって、スポーツの楽しみ方も変わっていきます。2017年12月24日に開催されたジャパンラグビートップリーグの試合「NEC グリーンロケッツ vs NTTドコモ レッドハリケーンズ戦」において、ドコモが研究開発を進めている5G、空間インターフェースといった技術とAR、VR技術を組み合わせることで、スポーツの観戦体験を拡張することをめざした実証実験を行いました。

  • イベントの模様を「DOCOMO R&D Magazine」で紹介しています。

DOCOMO R&D Magazine

東京スカイツリー『docomo 5G Trial Site』

東京スカイツリー『docomo 5G Trial Site』イメージ

2017年12月8日~10日に、“5G新体感エンタテイメント”をテーマに5Gトライアルサイトイベントを東京スカイツリーで開催。5Gが持つ「高速・大容量」「低遅延」「多数端末接続」という3つの特徴が実現する、スポーツやエンタテインメントの未来を体験することができます。

  • イベントの模様を「DOCOMO R&D Magazine」で紹介しています。

YOYOGI CANDLE 2020

YOYOGI CANDLE 2020イメージ

2017年10月28日・11月29日の2日間、東京2020オリンピック・パラリンピックまで1000日を切ったことを記念して、NTTドコモ 代々木ビル壁面への新体感プロジェクションマッピングのイベント「YOYOGI CANDLE 2020」を開催。
プロジェクションマッピングに、ドコモが研究開発を進めている5GやNTTが研究開発を進めているイマーシブテレプレゼンス技術「Kirari!」などの新技術を組み合わせることで、近未来を感じさせるイベントを実現しました。

  • イベントの模様を「DOCOMO R&D Magazine」で紹介しています。

DOCOMO R&D Magazine

  • 5G関連記事

    開く

    3GPPにおける5G標準化動向

    3GPPで検討されている5Gの国際標準仕様について、標準化スケジュール、5Gに求められる要求条件やユースケース、さらにそれを実現する無線およびコアネットワークの特徴と導入・展開シナリオについて解説します。

    3GPPにおける5G標準化動向

    5G無線アクセスネットワーク標準化動向

    3GPPで検討されている5Gの国際標準仕様について、上位レイヤ要素技術の中から、LTE/LTE-Advancedと組み合わせて5Gを提供するノンスタンドアローン運用に必要な技術を中心に解説します。

    5G無線アクセスネットワーク標準化動向

    5Gコアネットワーク標準化動向

    3GPPでは5Gのサービス要求条件の実現に向けて、新しいコアネットワーク(5Gコアネットワーク)の仕様が検討されています。今後仕様化が想定される5Gコアネットワークの要素技術を解説します。

    5Gコアネットワーク標準化動向

    5Gシステムの最新無線アクセス技術とフィールド実証実験結果

    ドコモが研究開発に取り組んでいる第5世代移動通信システム「5G」において、ドコモは世界主要ベンダ各社と共同で実証実験を進めてきました。各社と進めている実験の中から、いくつかのフィールド実験成果を紹介します。

    5Gシステムの最新無線アクセス技術とフィールド実証実験結果

    5G時代に向けた将来コアネットワーク

    5G時代のコアネットワークについて、ビジョンやその実現に向けた無線アクセスの収容方式、およびネットワークスライシングに関する技術を紹介します。

    5G時代に向けた将来コアネットワーク

    ドコモの5Gに向けた取組み ―2020年での5Gサービス実現に向けて―

    ドコモが研究開発に取り組んでいる第5世代移動通信システム「5G」について、5Gで想定されるサービスや要求条件、ドコモとしての5Gの定義や技術コンセプト、および、2020年のサービス実現に向けた標準化戦略や活動について解説します。

    ドコモの5Gに向けた取組み ―2020年での5Gサービス実現に向けて―

  • 「5G Tokyo Bay Summit」およびロゴは、株式会社NTTドコモの登録商標です。
このページのトップへ