(8月15日更新)運送会社を装った迷惑SMSにご注意ください

2018年7月25日
(8月15日更新)

SMS(ショートメッセージサービス)で、運送会社からの不在通知ほか各種案内を装った事例が報告されています。
運送会社の公式ウェブサイトに酷似した偽サイトにアクセスさせて、不正なアプリをインストールするよう誘導したり、携帯電話番号や認証コードの入力を求められます。
その結果、ご利用の端末から不正にSMSを送信したり、不正決済に悪用されるなど、お客さまの個人情報等を抜き取って不正に利用されることがあります。不審なSMSやメールのリンク先にアクセスしたり、提供元が不明なアプリをインストールしないようご注意ください。

被害を未然に防止するために

対策1:AndroidTMご利用の場合、提供元不明のアプリをインストールしないようにしてください。具体的な方法は以下のとおりです。

(AndroidTM 8.0未満をご利用の場合)
「設定」の「セキュリティ」で「提供元不明のアプリのインストールを許可する」で、「許可しない(無効にする)」を選択

端末の設定を開き、「ロック画面とセキュリティ」※1をタップ→「提供元不明のアプリ」が有効になっている場合、タップ※2→「提供元不明のアプリ」が無効となっていることを確認
  1. 機種によっては「セキュリティ」と表示される場合があります。
  2. 機種によっては「情報セキュリティ」という項目をタップしないと、提供元不明のアプリの設定が表示されない場合があります。

(AndroidTM 8.0以降をご利用の場合)
「設定」の「アプリ情報」から「Chrome」アプリを選定し、「不明なアプリのインストール」で、「許可しない(無効にする)」を選択

端末の設定を開き、「アプリと通知」をタップ→「アプリ情報」をタップ→「Chrome」アプリをタップ
不明なアプリのインストールが「許可」の場合、タップ※「許可しない」の場合、以降の操作は不要です→「この提供元を許可する」をタップ→設定が無効になったことを確認

対策2:AndroidTMをご利用の場合、ドコモあんしんスキャンをご利用ください。

  • セキュリティスキャン機能(無料)を用いることで、さまざまなルートから侵入するウイルスを検出します。
  • セーフブラウジング機能(有料)を用いることで、フィッシングサイトなど危険なサイトへのアクセスを警告し、ブロックします。
  • 利用方法の詳細は以下の「不正なアプリの削除方法」をご参照ください。
  • セキュリティスキャンにて検出されるセキュリティの脅威は、McAfee.Incが提供するウイルス定義ファイルとマルウェア評価データベースにより対応可能な脅威のみであり、すべてのセキュリティの脅威の検出を保証するものではありません。
  • セーフブラウジングにて注意喚起されるサイトは、McAfee.Incが定めるURLリストにより対応可能なサイトのみであり、すべての危険サイトの検出を保証するものではありません。

対策3:不審なサイトの可能性がある場合には、携帯電話番号や認証コード等を絶対に入力しないように注意してください。

運送会社のサイト上で、ドコモから送られる認証コードの入力を求める事例は現時点において確認されていません。
個人情報の入力を求められた場合、正規のサイトかどうかご確認ください。

今回の不正アプリをインストールしてしまった場合の削除方法

万が一、アプリをインストールしてしまった場合、ドコモあんしんスキャンを起動して、セキュリティスキャンを実行して不正アプリの削除をしてください。詳しくは、以下をご参照ください。

PDF不正なアプリの削除方法(PDF形式:599KB)

  • AndroidTMご利用の場合は、上記の提供元不明のアプリをインストールしない方法を参照いただき、「許可しない(無効にする」を設定してください。

  • 「Android」「Chrome」は、Google LLC の商標です。
  • Get Adobe Acrobat Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている
    別ウインドウが開きますAdobe® Reader®プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ