iPhone 7、 iPhone 7 PlusiPhone 7、 iPhone 7 Plus

今すぐ購入今すぐ購入

発売中!発売中!

閉じる閉じる

2002年6月1日より、携帯電話機などが発する電波について、新たな制度が法制化注意1されました。この制度の内容は、人体側頭部のそばで使用する携帯電話端末などに対して、局所SAR注意2の許容値(2W/kg)を規定したものです。また、2014年4月1日より、側頭部以外に近接して使用する携帯電話端末などに対しても、局所SARの許容値(2W/kg、四肢は4W/kg)が適用されました注意1注意3。ドコモでは、これらの法制化により、携帯電話端末が発する電波に関する基準値や測定方法が明確注意4になったことから、

  • お客様にこの制度の内容を理解していただくため
  • 安心して携帯電話端末をご利用していただくため

などから、各機種の局所SAR値をホームページ上に掲載することとしました。

  • 注意1 関連する法令
    • 無線設備規則第14条の2(人体における比吸収率の許容値)
    • 特定無線設備の技術基準適合証明に関する規則(別表第3号)
    • 総務省告示第324号(人体(頭部及び両手を除く。)における比吸収率の測定方法及び人体頭部における比吸収率の測定方法)
    参考:総務省総合通信基盤局「(別ウインドウが開きます)電波利用ホームページ
  • 注意2 SAR(Specific Absorption Rate):比吸収率
    電磁界にさらされたことによって任意の生体組織10gが任意の6分間に吸収したエネルギーを10gで除し、さらに6分で除して得た値をいう。(無線設備規則第14条の2より)
  • 注意3 側頭部以外の局所SAR
    音声通話以外の用途で利用する無線設備や、複数の無線設備を備え同時に電波を発射する機器の普及などを踏まえ、側頭部以外の局所SARについても制度化された。
  • 注意4 基準値や測定方法の明確化
    測定方法については、従来様々な方法が提案されていたが、日本を含む世界の標準化機関により国際的な整合性を考慮した局所SARの標準測定法が示された。

各携帯電話機のSARについて

ドコモ スマートフォン

2017年発売機種

2016年発売機種(2016年5月以降)

2015-2016冬春モデル

2015夏モデル

2014-2015冬春モデル

2014夏モデル

2013-2014冬春モデル

2013夏モデル

docomo with series

docomo NEXT series

2011年3月以前に発売した機種

ドコモ タブレット

注意海外認証のみの掲載となります(英語)。

Sony TabletTM

注意海外認証のみの掲載となります(英語)。

ドコモ ケータイ

2016年発売機種(2016年5月以降)

2015-2016冬春モデル

2015夏モデル

2014-2015冬春モデル

2014夏モデル

2013-2014冬春モデル

docomo STYLE series

docomo PRIME series

docomo SMART series

docomo PRO series

コンセプトモデル

906iシリーズ

905iシリーズ

904iシリーズ

903iシリーズ

902iシリーズ

901iシリーズ

900iシリーズ

706iシリーズ

705iシリーズ

704iシリーズ

703iシリーズ

702iシリーズ

701iシリーズ

700iシリーズ

SIMPUREシリーズ

2701シリーズ

2051シリーズ

2102Vシリーズ

2101Vシリーズ

2002シリーズ

2001シリーズ

ドコモ らくらくホン

ドコモ キッズ・ジュニア

データ通信製品

注意海外認証のみの掲載となります(英語)。

ウォッチ製品

Adobe Reader を入手する(別ウィンドウが開きます)

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている別ウィンドウ:Adobe® Reader® プラグインが必要です。「Adobe® Acrobat®」でご覧になる場合は、バージョン10以降をご利用ください。

このページのトップへ