ドコモ キッズ・ジュニア 2020年1月17日発売 発売中

キッズケータイ SH-03M

大きくなる子どもたちへ。
成長に合わせて使える×つながるあんしん。

キッズケータイ SH-03Mの画像
キッズケータイ SH-03Mの画像
キッズケータイ SH-03Mの画像
キッズケータイ SH-03Mの画像
キッズケータイ SH-03Mの画像
  • イエロー
  • ピンク
  • ブルー
KIDS DESIGN AWARD 2020reddot winner 2020
iF DESIGN AWARD 2020GOOD DESIGN AWARD 2019
NEW 4G 2020 docomo collectionNEW 4G 2020 docomo collection

製品特長

充実のみまもり機能。親子であんしん。

充実のみまもり機能。親子であんしん。

充実のみまもり機能。親子であんしん。

子どもが帰宅すると保護者のスマートフォンにSMSで届く『おかえり通知12』。また、子どもが見守り範囲から離れたら、保護者のスマートフォンとキッズケータイにお知らせが届く『みまもりアラート3』も搭載で離れていても、あんしん。
いざというとき、防犯ブザーに連動して、設定した連絡先への発信、さらにイマドコサーチを契約していると位置情報の通知が届く4から、あんしん。

子どもが使える機能を選べるからあんしん。

子どもが使える機能を選べるからあんしん。

連絡先を登録した人からのみ連絡を取れる設定や防犯ブザー連動の設定など、あんしんにかかわる機能や子どもが操作できる範囲の設定などは暗証番号で管理できる。保護者のスマートフォンからも各種設定、連絡先や予定などの編集が手軽に行える。

子どもが使える機能を選べるからあんしん。
長く使える耐久性。

長く使える耐久性。

長く使える耐久性。

長く使っても傷が目立ちにくいボディ。
落としてもあんしんの耐衝撃5対応に加え、画面はアクリル素材のため割れにくい。

汚れても洗えるのできれいに使える。

汚れても洗えるのできれいに使える。

気兼ねなく使える防水(IPX5/8)6・防塵(IP6X)7対応。汚れても泡タイプのハンドソープで洗える8

汚れても洗えるのできれいに使える。
成長に合わせた使い方ができる。

成長に合わせた使い方ができる。

成長に合わせた使い方ができる。

学年別の漢字変換機能9で、成長に合わせて文字入力の漢字の変換候補が増える。

大きな画面で電話もメッセージもかんたんに。

大きな画面で電話もメッセージもかんたんに。

持ちやすいコンパクトボディに約3.4インチの大きな画面とタッチパネルを搭載。電話やメッセージもワンタッチでかんたんに操作できる。

大きな画面で電話もメッセージもかんたんに。
子どもの生活に役立つ機能をたくさん搭載。

子どもの生活に役立つ機能をたくさん搭載。

子どもの生活に役立つ機能をたくさん搭載。

定番のめざましに加え、習い事の日を通知できるスケジュール、宿題の時間を管理できるタイマーとストップウォッチで子どもの自立を応援。

子どもの好みに合わせた待受画面が選べる。

子どもの好みに合わせた待受画面が選べる。

保護者のスマートフォンから好きな写真を転送10できるから、待受画面も楽しめる。

子どもの好みに合わせた待受画面が選べる。

スペック

ディスプレイ ディスプレイ
約3.4インチ Quarter HD/TFT
バッテリー容量 バッテリー容量
1200mAh(内蔵電池)※11
カメラ カメラ
カメラ機能
端末の大きさ サイズ
約101(H) × 約54(W) × 約12.2(D)mm※12
重量
重量
約94g
防水性能/防塵性能
防水 防塵
IPX5/8 IP6X
※13
おサイフケータイ
おサイフ
ケータイ
赤外線通信機能
赤外線通信機能
ワンセグ
ワンセグ
フルセグ
VoLTE
VoLTE※14
eSIM

 対応 非対応

  1. 多少電池容量が上下する可能性があります。
  2. メーカー基準によります。最厚部のサイズとは異なる場合があります。
  3. IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。
    IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに携帯電話を静かに沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。
    IP6Xとは、保護度合いをさし、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に携帯電話を8時間入れてかくはんさせ、取り出したときに内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。
  4. EVS-WBに対応。

スペックの詳細をみる

キッズケータイにおすすめのサービス

サポートについて

キッズケータイ SH-03M製品別サポート情報

キッズケータイ SH-03Mの製品アップデート情報やバックアップ方法、取扱説明書などをご確認になれます。

よくあるご質問(FAQ)

このページの内容に関連する「よくあるご質問」を検索できます。

同梱品・アクセサリー

同梱品

ブザー用ストラップ<イエロー>

ブザー用ストラップ<イエロー>

ブザー用ストラップ<ピンク>

ブザー用ストラップ<ピンク>

ブザー用ストラップ<ブルー>

ブザー用ストラップ<ブルー>

かんたん操作ガイド

かんたん操作ガイド

※充電には、別売の「ACアダプタ 05」または「ポータブルACアダプタ 01」が必要です。


ドコモが厳選したキッズケータイ SH-03Mアクセサリー

キッズケータイ SH-03M対応のdocomo select商品・オプション品についてはドコモオンラインショップをご確認ください。

ドコモオンラインショップ別ウインドウが開きます

最近見た製品

  1. 検知する距離はご利用のBluetooth機器、Wi-Fi機器によって異なります。
    キッズケータイとBluetooth機器やWi-Fi機器の間に人体・壁・家具・建物などの障がい物によって判定できない場合があります。
    Bluetooth機器やWi-Fi機器の近くを通った場合でも、走ったり早く移動した場合には範囲内に居ても検知出来ない場合があります。
    設置場所、ご利用のBluetooth機器やWi-Fi機器、人体・壁・家具・建物などの障がい物によって、家の外でも検知する可能性があります。
  2. 設定した連絡先へメッセージを送信する際に、送信料がかかります。詳しくは、「ショートメッセージサービス(SMS)のご利用料金」をご確認ください。
  3. アラートが発動する距離はご利用のスマートフォンによって異なります。キッズケータイとスマートフォンの間に人体・壁・家具・建物などの障がい物によってアラートが鳴りやすくなったり、鳴りにくくなることがあります。1台のスマートフォンから最大5台のキッズケータイを同時に監視することが可能です。1台のキッズケータイに対して最大2台のスマートフォンから同時に監視することが可能です。
  4. 保護者のスマートフォンにイマドコサーチの契約が必要です。
  5. 米国国防総省が制定したMIL-STD-810G Method 516.7:Shock-ProcedureIVに準拠した規格において、高さ1.22mから合板(ラワン材)に製品を26方向で落下させる試験を実施。
  6. IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。
    IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに携帯電話を静かに沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。
  7. IP6Xとは、保護度合いをさし、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に携帯電話を8時間入れてかくはんさせ、取り出したときに内部に塵埃が侵入しない機能を有することを意味します。
  8. 国内メーカー製の家庭用泡タイプのハンドソープを使って洗えます(シャープ株式会社調べ)。
    無故障を保証するものではありません。
    洗う際は、ブザー用ストラップを外して、完全に電源を切ってから行ってください。
    ついた泡は、水道水でしっかりすすいでください。
    洗った後はよく水抜きをしてから乾いた清潔な布などで十分に拭き取ってください。
    十分に乾燥させて、水滴が残っていないことを確認してください。
    詳細は、取扱説明書をご確認ください。
  9. 小学校学習指導要領(平成29年3月告示)の別表「学年別漢字配当表」に準拠。
  10. 保護者のスマートフォンに専用のアプリをインストールする必要があります。
  • 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。
  • オープン価格のため、詳細はドコモショップなど、販売店にお問い合わせください。
  • 在庫状況についてはドコモショップなど、販売店にご確認の上、ご来店ください。
  • 商品写真および画面はイメージです。実物と若干異なる場合があります。発売予定の商品は、仕様が変更になる場合があります。
  • バッテリーは取り外しできません。バッテリーの交換は、故障取扱窓口にて本体をお預かりしての交換となります。
  • 「Bluetooth」は、Bluetooth SIG,Inc.の登録商標であり、株式会社NTTドコモはライセンスを受けて使用しております。
  • 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
このページのトップへ