インターネットプロトコル IPv6対応について

IPv6とは?

概要

IPv6とは現在主流のインターネットプロトコル「IPv4」の後継として設計された新しいインターネットプロトコルのことを指します。
これまでのIPアドレスが32ビットで構成されるIPv4に対し、IPアドレスを128ビットで構成するIPv6を利用することで、より多くのアドレス付与が可能となり、これによってインターネットの急激な普及やIoT化の促進に伴うIPアドレスの不足を防ぐことができます。

ご利用条件

■対象契約

  • Xi契約

■対象機種

  • Android:2017年夏モデル以降の対象機種
  • iOS:iPhone 6/6 Plus以降、iPad Air 2以降、iPad mini 4以降、iPad Pro以降
    • OSバージョン:iOS 11以降

IPv6のご利用にあたっての注意事項

  • IPv6は初期設定時に自動的に設定されますが、一部機種では端末内のAPN設定より手動でIPv4からIPv6へ切り替える必要がございます。
  • 接続先設備によってはIPv6アドレスが割り当てられない場合があります。
  • IPv6アドレスが割り当てられていても、IPv6対応をしていないサイトへの接続はIPv4での通信となります。
  • IPv6対応端末であっても、テザリングによって接続された子機に対してはIPv4アドレスが割り当てられます。
  • IPv6対応端末で海外ローミングアウトを行った場合は、端末の設定状況およびローミング先のネットワークがIPv6対応の場合にIPv6での通信が可能となります。
  • ローミングアウトについては、IPv6での通信を行うように設定をされている場合、IPv4のみで通信を行う設定へと変更していただく必要がございます。詳細は設定方法をご確認ください。

FAQ

  • Apple、Appleのロゴ、Apple Watch、iPad、iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、別ウインドウが開きますアイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。TM and © 2019 Apple Inc. All rights reserved.
  • iOSは、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • 「Android」は、Google LLC の商標または登録商標です。
このページのトップへ