ログイン

ログアウト

一部情報が取得できませんでした。詳細はお客様情報表示についてをご確認ください。

My docomo利用規約に未同意でした。利用規約をご確認ください。

spモード コンテンツ決済サービスのイメージ画像

スマートフォンでのdメニュー掲載コンテンツ、Google PlayTMより購入したコンテンツ代金を、ドコモの毎月のケータイ料金と一緒にお支払いいただけるサービスです。

サービスのポイント

あんしん・簡単・便利

  • ドコモが提供する決済サービスだからあんしん。
  • 4桁のspモードパスワードを入力するだけなので、コンテンツの購入が簡単。
  • ご利用代金は毎月のケータイ料金と一緒にお支払いできるのでとても便利。

うれしい機能

  • 継続課金の決済を行うと自動的にマイメニュー登録がされます。
  • spモード対応機種からご利用明細を確認できます。

ご利用にあたって

  • スマートフォン向けアプリケーションや音楽・映像などのデジタルコンテンツをご購入いただけます。
  • spモード コンテンツ決済サービスを利用して有料のコンテンツを購入された場合には、コンテンツプロバイダーの代わりにドコモに対してコンテンツ購入代金をお支払いいただきます。
  • ご利用にあたっては、spモードAPN(spmode.ne.jp)によるFOMA・「Xi」(クロッシィ)回線の接続が必要です。
  • Wi-Fi接続やテザリングからもご利用いただけます。
    • 注意spモード契約が必須であり決済時にはdocomo ID/パスワードでの認証が必要になります。
    • 注意一部のコンテンツでは、ご利用になれない場合があります。
  • 有料コンテンツの決済を行った際に、登録(購入)内容が記載されたレシートメールがお客様のドコモメールアドレス/spモードメールアドレスに送信されます。
  • My docomoの「ドコモオンライン手続き」から本サービスのご利用を制限することができます。
    (全て拒否/Google PlayTMなど以外拒否/Google PlayTMなど拒否)

    注意「Google PlayTMなど」とは、2013年9月時点ではGoogle PlayTMのみです。

    My docomo(マイドコモ)

  • 法人名義でご契約のお客様は、ご利用にあたって別途お申込みが必要となります。
  • ご利用代金には、都度課金、継続課金の2種類があります。
  • ご利用にはspモード対応機種に搭載される標準ブラウザが必要です。標準ブラウザはSSL、JavaScript、Cookieのすべての機能を有効にしてください。
  • コンテンツのご利用およびコンテンツ購入時のお支払い手続きにはパケット通信料がかかります。

ご利用限度額

  • ご利用限度額は、設定可能ご利用限度額の範囲内にて1,000円単位でお客様ご自身で設定できます。
    ただし、ドコモの携帯電話料金を請求書払いでお支払いの場合やご契約・お支払い状況によっては、設定可能ご利用限度額の範囲内であってもご利用限度額の増額(元の限度額に戻すことを含みます)ができない場合があります。
  • ドコモ ケータイ払いとspモード コンテンツ決済サービスのご利用限度額は共有であり、初期設定は1万円(税込)となります。
  • ドコモ ケータイ払いとspモード コンテンツ決済サービスは、そのご利用金額注意1の合計額がご利用限度額の範囲内の場合にご利用いただけます。

    注意1 ドコモ ケータイ払いにて「ドコモ口座」の残高からお支払する方法を選択された場合のご利用金額を除きます。

  • 「ご利用限度額変更」画面にて、ご利用限度額および設定可能ご利用限度額のご確認や、ご利用限度額の設定変更がおこなえます。詳しくは下記「設定可能ご利用限度額のご確認、およびご利用限度額の設定変更画面へのアクセス方法」をご覧ください。

    注意店頭やお電話でのお手続きはできません。

設定可能ご利用限度額について

  • 設定可能ご利用限度額とは、お客様が設定可能なご利用限度額の上限金額のことです。
    ご契約状況、ご利用状況やお支払状況などに応じて、下表の範囲でドコモが設定および変更するため、お客様ごとに異なります。
    ご契約期間注意2 設定可能ご利用限度額(税込)
    1〜3か月目 1万円/月
    4〜24か月目 1万円〜3万円/月
    25か月目以降 1万円〜5万円/月

    注意2 お客様のFOMA/Xi回線契約のご契約期間を指しますが、実際のご契約期間と一致しない場合があります。

  • ご契約者が未成年の場合または法人名義でのご契約の場合には、一律1万円/月(税込)となります。
  • 2014年3月1日より、お客様ご自身によりご利用限度額が初期設定から変更されている場合などを除き、ご利用限度額が設定可能ご利用限度額と同額に自動的に変更されます。

設定可能ご利用限度額についての図

  • 注意ご利用限度額は、設定可能ご利用限度額の範囲内にて1,000円単位でお客様ご自身で設定できます(ただし、ドコモの携帯電話料金を請求書払いでお支払いの場合やご契約・お支払い状況によっては、設定可能ご利用限度額の範囲内であってもご利用限度額の増額(元の限度額に戻すことを含みます)ができない場合があります)。
  • 注意回線のご契約者が未成年の場合または法人名義でのご契約の場合、設定可能ご利用限度額は一律1万円/月(税込)となります。
  • 注意ご利用限度額の自動変更をご希望でないお客様は、ご自身にてご利用限度額の設定変更を行ってください。
  • お客様の設定可能ご利用限度額または、ご利用限度額が自動的に変更される場合には、あらかじめドコモからドコモメール/spモードメールでお知らせいたします。
    • 注意iモードとspモードの両方をご契約いただいているお客様には、spモードメール宛にお送りします。spモードにて受信したメールをご確認ください。
    • 注意メールでのお知らせは2014年3月に変更となるお客様のみ対象とします。

その他

  • 月々の携帯電話料金を一括請求でお支払の場合でも、ご利用金額はそれぞれの回線単位に計算します。(他の回線分を合算することはできません)
  • iモード情報料、メロディコール音源利用料などはご利用金額に含まれません。

設定可能ご利用限度額のご確認、およびご利用限度額の設定変更画面へのアクセス方法

  • dメニュー→【マイメニュー】→継続課金一覧/ご利用履歴【spモード決済 ご利用履歴】→ご利用限度額設定【設定変更】
  • dメニュー→【お客様サポート】→料金【料金確認の一覧を見る】→商品など購入履歴の確認【spモード決済 ご利用履歴】→ご利用限度額設定【設定変更】

注意ネットワーク暗証番号が必要となります。

spモードパスワードについて

  • コンテンツ購入時の認証にspモードパスワードを利用いたします。spモードパスワードは十分注意して管理してください。なお、spモードパスワードの入力にもとづいて行われた本サービスのご利用はすべてご契約者によって行われたものとみなします。
  • spモードパスワードが初期値「0000」のままや「1234」など他人から推測されやすいパスワードをご利用のお客様は、spモードパスワード認証時においてspモードパスワードを変更する画面が表示されます。
    • 注意spモードパスワードを変更されない場合は、操作を継続することができません。
    • 注意spモードパスワードの変更には、ネットワーク暗証番号による認証が必要になります。
  • 2013年4月2日(火曜)以降、spモードパスワードを連続して3回間違えるとロックがかかります。ロックは翌日午前0時に自動解除されます。または、「お客様サポート」からspモードパスワードを初期化することにより、ロック状態を解除することができます。

マイメニュー引継ぎとはのイメージ画像

iモード契約の廃止とspモード契約のお申込みを同時に行った場合、iモードでご利用中のマイメニューをspモードに引継ぐことができます。

注意コンテンツの引継ぎ対応/非対応は各サイトでご確認ください。

ご注意事項

  • 引継ぎ対応コンテンツにつきましては、加盟店(情報サービス提供者)の事前設定によります。
  • 非対応コンテンツにつきましては、iモードの廃止に伴い自動退会となるため「お客様ご自身による事前確認」をお奨めします。
  • マイメニュー引継ぎの完了は、翌日の正午頃となるため、該当コンテンツの登録は行わないでください。
    ただし、これまで使用していないコンテンツの購入は可能です。
  • 月末にマイメニュー解除を行う場合は、マイメニュー引継の完了が翌日の正午頃となり、月内でのマイメニュー解除ができないため、ご注意ください。

    注意マイメニュー引継ぎ対応コンテンツを引継ぎ完了する前に、お客様ご自身の手でマイメニュー登録した場合、新規登録として上書きされ、コンテンツのポイントなどが失効されてしまう場合があります。

  • 重畳契約からのマイメニュー引継ぎにおきましては、iモードからの引継ぎ対応コンテンツがspモード側で登録済みの場合は、spモード側の登録が優先されます。
  • 初月無料コンテンツやお試しマイメニューなどの引継ぎは、iモードにおける状態を引継ぎます。
  • マイメニューの登録件数は最大45件まで登録できます。
  • 法人名義でご契約中の回線で、マイメニュー引継ぎをご希望される場合は、別途お申込が必要になります。
  • Blackberry®へ機種変更される場合は、spモード決済に対応していないので、変更前のiモードにおいてマイメニュー解除を行ってください。

    注意一部の新機種ではご利用可能な場合もあります。

「都度課金」を決済する場合

「都度課金」を決済する場合の画像

注意1

「継続課金」を決済する場合

「継続課金」を決済する場合の画像

注意1

注意1 お客様がコンテンツを決済する都度、異なる番号が表示されます。この番号は加盟店にも通知され、お客様がご利用内容についてお問い合わせをする際に必要となります。 なお、発行された決済番号は「spモード決済 ご利用履歴」から確認することができます。

継続課金のご利用にあたって

  • 解除手続きがされるまで、継続的にコンテンツプロバイダーのご利用代金が発生します。
  • 継続課金を終了するには、各コンテンツプロバイダーサイトにて解除操作を行ってください。
    なお、継続課金ご利用中のコンテンツプロバイダーは「spモード決済 ご利用履歴」にてご確認いただけます。
  • マイメニュー登録したコンテンツが「アクセス制限サービス」により閲覧できなくなる場合においてもご利用代金が発生するため、マイメニュー解除をご希望するお客様は、アクセス制限エラー画面からマイメニュー解除を行ってください。

登録(購入)内容のお知らせ(レシートメール)

登録(購入)内容のお知らせ(レシートメール)の画像

spモードコンテンツ決済をご利用いただいた場合、レシートメールにてご利用内容をお知らせいたします。

  • 注意レシートメールの件名は【spモード決済】ご利用確認メールです。
  • 注意有料コンテンツの決済をされた場合、お客様のドコモメールアドレス/spモードメールアドレスへご利用内容を確認するメールをドコモより送信いたします。
  • 注意無料マイメニュー登録、マイメニュー解除を行った場合には送信されません。
  • 注意お客様が迷惑メール対策をしている場合、メールが届かないことがあります。
  • 注意iPhoneで決済をご利用の場合、ドコモメール/spモードメールで送信されます(初期設定が完了するまでは受信できません)。

spモードから

利用履歴を確認する場合の画像

パソコン(My docomo)から

パソコン(My docomo)からの画像

注意画面はイメージです。

「My docomo」→「料金の確認・お支払い」→「商品など購入履歴の確認」より「spモード決済ご利用履歴」を選択します。

注意My docomoをご利用されるには、「docomo ID」の登録が必要になります。

ご利用日

spモード決済のご利用日時を表示しております。

決済番号

spモード決済加盟店へのお問い合わせの際に利用します。

ご利用店舗

ご利用のspモード決済加盟店名を表示しております。

ご利用金額

spモード決済のご利用金額を表示しております。

課金状態

spモード決済ご利用後の処理状態を表示しております。

ご利用可能残高

spモード決済とドコモ ケータイ払いで共有しているご利用限度額から当月のご利用金額合計を差し引いた金額を表示しております。

ご利用金額合計

spモード決済ご利用金額の合計を表示しております。

(別ウインドウが開きます)spモード決済ご利用履歴

spモード コンテンツ決済サービス Google Play(TM)対応のイメージ画像

Google PlayTMでのコンテンツ購入の決済手段(Google ウォレットTM)において、クレジットカード決済に加えて、spモードの「spモード コンテンツ決済サービス」をご利用いただけます。
4桁のspモードパスワードを入力するだけで簡単に安心して購入でき、毎月のケータイ料金と一緒にお支払いいただけます。

  • 注意Optimus Pad L-06C、HT-03A、XperiaTM SO-01B、LYNX SH-10Bは非対応。
  • 注意Sony TabletTM P、Sony TabletTM S、ARROWS Tab LTE F-01D、GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D、REGZA Phone T-01C、LYNX 3D SH-03Cはご購入時の状態では非対応ですが、製品アップデートによりご利用可能になります。方法については「製品アップデート情報」にてご確認ください。

注意画面はイメージです。

ご注意事項

  • Google PlayTMで購入したコンテンツの利用については、ドコモは一切の責任を負いかねます。コンテンツに関する問い合わせは各コンテンツプロバイダーにお問い合わせください。
  • ご利用いただけるコンテンツは、日本円で販売されているコンテンツのみが対象となります。日本円で表示されていても購入できないコンテンツがある可能性があります。
  • ご利用には、Google ウォレットTMへの登録が必要です。
  • 初回利用時にはご利用に関する規約に同意のうえ、お客様情報を入力していただく必要があります。
  • コンテンツの購入を申込むと、ダウンロードに失敗、あるいはダウンロードしなかった場合も料金をお支払いいただきます。
  • Google PlayTMで購入したコンテンツのキャンセル(払戻し)をされた場合、翌月までspモード決済ご利用履歴に反映されない場合があります。
  • 請求書には「spモード決済(Google Play)」と表示されます。(2014年2月以前ご利用分の請求書では「spモード決済(Google Play/都度課金)」または「spモード決済(Google Play/継続課金)」と表示されます)
  • FOMA・「Xi」(クロッシィ)利用時のGoogle PlayTMのご利用およびコンテンツのダウンロード時にはパケット通信料がかかります。
  • 定期購入コンテンツの継続状況については、Google PlayTMの「マイアプリ」をご確認ください。
  • 正確な請求金額については「ご利用履歴」(「spモード決済ご利用履歴」内)をご確認ください。
  • 月初めは午前0時台を中心にお客様のご利用が集中するため、決済を受け付けできない場合があります。ご利用になれない場合は、しばらく時間を空けてからご利用ください。

サービス変更に関するご注意

2014年3月25日以降、Google PlayTMで提供されるコンテンツをspモード コンテンツ決済で購入した場合について、「spモード決済 ご利用履歴」上の表示方法が、以下のように変更になります。この変更はドコモにおける表示方法の変更であり、Google PlayTMのコンテンツ利用契約に変更はございませんので、ご利用中の定期購入コンテンツは引き続きご利用いただけます。

変更内容

対象 変更前 変更後
Google PlayTM
定期購入コンテンツ
「ご利用履歴」の表示 「継続課金」 「都度課金」注意1
「継続課金一覧」の表示 掲載される 掲載されなくなる注意2
Google PlayTM
個別購入・定期購入コンテンツ
決済ステータスの表示 「完了」 「処理中」(新設)注意3、「完了」

適用開始日

2014年3月25日(火曜)

  • 注意1 「ご利用履歴」上の表示について
    適用開始日以前に行われた定期購入コンテンツの決済については、適用開始日以降も「継続課金」ラベルで表示されます。
  • 注意2 「継続課金一覧」の表示について
    適用開始日以前に行われたGoogle PlayTMの定期購入コンテンツの決済については、Google PlayTM上で解約していなくとも、「解除済み」と表示されますが、Google PlayTMのコンテンツ利用契約は継続されたまま、引き続きご利用いただけます。
    なお、今後のGoogle PlayTMの定期購入に関する継続状況の確認は、Google PlayTMの「マイアプリ」にてご確認ください。
  • 注意3 決済ステータスの表示について
    Google PlayTMのコンテンツをspモード コンテンツ決済にて購入された場合、Google社からの課金要求が、ドコモに届いた時点では「処理中」と表示されます。その後、Google社より課金確定要求が届くと、ステータスが「完了」に変更されます。お客様の請求対象となるのは、ステータスが「完了」となった決済のみであり、「処理中」ステータスが表示されているものは、請求対象とはなりません。
  • 注意これまで、Google PlayTM上の定期購入コンテンツのうち、spモード コンテンツ決済が利用いただけるのは、月額課金のみでしたが、適用開始日以降は、年額課金でもご利用いただけるようになります。
  • 注意Google PlayTMの定期購入は、マイメニューなどの月額課金(月初に課金が確定)とは異なり、ひと月周期、または1年周期で初回登録日と同日(月の日数が少ない場合は繰り上げ)にGoogle社より課金が行われます。そのため、Google社からの課金要求時点でspモード コンテンツ決済の利用可能残高が不足する場合は、ご利用料金を支払えず、当該コンテンツの利用契約が終了となる場合があります。
  • 注意請求書表示は、個別購入、定期購入にかかわらず「spモード決済(Google Play)」と表示されるようになります。
  • 注意Google Play、Androidマーケット、Google ウォレットは、Google社の登録商標です。
  • 注意「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。
  • 注意TM and © 2013 Apple Inc. All rights reserved.
    iPhoneの商標は、(別ウインドウが開きます)アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • 注意「Xperia」は、Sony Ericsson Mobile Communications ABの商標または登録商標です。

このページのトップへ