環境ラベル/マークについて

情報通信サービスの普及は、情報通信機器の増加等により電力消費量の増加をもたらす反面、生産活動等の効率化や人やモノの移動を減少させるなど、資源・エネルギー利用の効率化を図ることによって、社会全体のエネルギー使用量を削減する効果が期待できます。ドコモにおいても、さまざまなサービスを提供することで、社会全体のエネルギー削減に貢献しています。

ソリューション環境ラベル

画像:ソリューション環境ラベル

NTTグループは、ICTサービスを利用することによる社会へのCO2の削減効果を定量化してわかりやすく理解するために、「ソリューション環境ラベル制度」を推進しています。ラベル認定を得るための基準は、「ICTサービスを利用することで削減可能なCO2排出量が、ICTサービスを利用しない場合のCO2排出量と比べて15%を超えるもの」としています。

ドコモでは、「LTEサービス」に対して、ソリューション環境ラベルを取得しています。
今後も、 「LTEサービス」の普及拡大に積極的に取組むことで、便利で快適な通信環境やさまざまなICTを活用したソリューションサービスをご提供するとともに、社会全体の環境負荷の低減にも寄与することができます。

エコICTマーク

画像:エコICTマーク

エコICTマークとは、ICT分野におけるエコロジーガイドライン協議会が定めるシンボルマークです。
電気通信事業者がCO2排出削減などの取組みを適切に実施しているかを自己評価し、その取組み状況に応じて、「別ウインドウが開きますエコICTマーク」を表示し、適切に活動していることを広く公表することができるものです。

ドコモの「エコICTマーク」の取組み

このページのトップへ