資源の有効活用

携帯電話には、貴重な資源が多く含まれています。
より効率的なリサイクルを目指して新しいプロセスを構築しました。

携帯電話の回収・リサイクル

ドコモは携帯キャリアとして、唯一、環境省より広域認定制度の認定を受け、全国2,400店舗のドコモショップで使用済み携帯電話の回収を行っています。

お客様が携帯電話を安心安全にご利用いただけるよう、今後もリサイクルの更なる効率化と携帯電話回収活動を推進してまいります。

動画:ドコモのケータイリサイクル別ウインドウが開きます

ドコモのケータイリサイクルを動画でご紹介します。
別ウインドウが開きますドコモのケータイリサイクル
(再生時間:4分50秒)

リサイクルプロセスの説明図

ドコモは広域認定を取得

広域認定取得のイメージ

構築したリサイクルプロセスについて、環境省より一般廃棄物・産業廃棄物広域認定制度1の認可を取得いたしました。

  1. 広域認定制度・高度な再生処理が期待できるなど第三者にはない適正処理のメリットが得られる場合に、廃棄物処理業に関する地方公共団体ごとの許可が不要となる特例制度
    リサイクル技術や情報セキュリティー管理等の体制が整っていることの証明となります。

企業様のドコモリサイクル活動への参加

多くの企業様にドコモの広域認定リサイクルをご利用いただき、再資源化活動にご協力いただいております。

2015年度実績

  • 株式会社 スタッフサービス・ホールディングス
  • 株式会社 電通
  • SMBC日興証券 株式会社
  • アステラス製薬株式会社
  • 株式会社長谷工コーポレーション
  • 日立システムズ・テクノサービス株式会社
  • 株式会社 島津製作所
  • NTTコム マーケティング株式会社
  • 株式会社 リクルートオフィスサポート
  • エイベックスグループホールディングス株式会社
  • 森ビル株式会社

他 413社

携帯電話回収台数の推移

携帯電話回収台数の推移(年度別、概数)のグラフ

携帯電話には、金、銀、銅、パラジウムなどが含まれており、鉱物資源の少ない日本にとっては貴重な資源といえます。そこでドコモは、1998年度から使用済み携帯電話の回収・リサイクルに取り組んできました。2001年には社団法人電気通信事業者協会と連携して、ブランド・メーカーを問わずに回収する「モバイル・リサイクル・ネットワーク」を構築し、ドコモショップなどで携帯電話を回収しています。
2015年度は、約417万台1、累計で約9,560万台を回収しました。

  1. 2015年度分はリユースを目的とした回収台数を含みます。

回収増に向けた取組み

モバイル・リサイクル・ネットワーク 携帯電話・PHSのリサイクルにご協力を。

ドコモでは、リサイクルの重要性を周知する活動にも力をいれています。ドコモショップの店頭に「端末回収PRステッカー」を掲示しているほか、各種イベントなどでPR活動も実施しています。また、さらなる促進を目的に経済産業省、総務省、環境省がコーディネート役となって2011年7月に発足した「携帯電話リサイクル推進協議会」にも参加。他の参加企業とともに使用済み携帯電話回収促進運動「ケータイがつなぐリサイクル」を推進しています。

別ウインドウが開きますモバイル・リサイクル・ネットワーク

スマートフォンを安心・安全に回収するための取組み

破砕工具のイメージ

店頭で回収したスマートフォンをお客様の目の前で破砕処理する際に、液晶画面が割れて飛散するのを防ぐため、スマートフォン専用の破砕工具を開発し、店頭への配備を開始しています。

イベントでの回収

イベントなどにおける回収活動のイメージ

回収した携帯電話を専用工具にて破砕するなどして、個人情報を保護しつつ、イベントでの回収活動を積極的に展開しています。

写真:ある幼稚園での活動の模様

ドコモは携帯電話リサイクル事業の一環として神奈川県のある幼稚園で携帯電話の回収実験を実施し、子供たちにリサイクルの大切さを伝えました。今後もドコモは携帯電話リサイクル事業を通して再資源化活動とESDの普及を推進します。

回収に関するよくあるお問い合わせ

個人情報保護のため、携帯電話破砕工具(ケータイパンチ、スマホパンチ等)を用いて、原則お客様の目の前で破砕処理を実施し、データの取り出しを確実に防いでいます。


  • Get Adobe Flash Player

    Flash形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている最新の
    別ウインドウが開きますFlash® Player プラグインが必要です。

このページのトップへ