概要

移動端末の無線送受信回路は、携帯電話の誕生からこれまで、小型軽量化、動作時間の向上、容量/エリア拡大を実現するため、常に進化を続けている。そして今後も、次世代携帯電話の実現に向けてさらなる進化が必要である。本稿では、FOMA移動端末の無線送受信回路技術を中心に、これらの技術の変遷と今後の開発動向について概説する。

岡田 隆

文献
[1] 小岩,ほか:“マルチバンド移動端末の開発,”本誌, Vol.14, No.2, pp.31-37,Jul. 2006.
[2] 萩原,ほか:“国際ローミング対応IMT/GSMデュアル移動端末N900iGの開発,”本誌, Vol.13, No.1, pp.40-47, Apr. 2005.
[3] 中村,ほか:“Super 3Gの技術動向その1 Super 3Gの概要および標準化活動状況,”本誌, Vol.14, No.2, pp.50-54, Jul. 2006.
[4] 中長期における電波利用の展望と行政が果たすべき役割−電波政策ビジョン−(平成15年7月総務省情報通信審議会諮問第7号答申資料)
[5] 千葉,ほか:“1.5GHz帯域共用800MHz方式特集移動機,”本誌,Vol.10, No.1, pp.15-20, Apr. 2002.
[6] 3GPP TS25.101 V8.0.0:“User Equipment(UE)radio transmission and reception(FDD),”Sep. 2007. [7] 3GPP TS45.005 V7.7.0:“Radio transmission and reception,”Sep. 2006.
[8] 野島俊雄,山尾泰:“モバイル通信の無線回路技術,”電子情報通信学会,第3章,2007.
[9] 黒田忠弘:“RFマイクロエレクトロニクス,”丸善,2002.
[10]田中聡:“移動体通信用送受信アナログ回路技術,”信学論C, J89-C,pp.622-640. Oct. 2006.
[11]W. Thomann, V. Thomas, R.Hagelauer and R. Weigel:“A Singlechip75-GHz/0.35-µm SiGe BiCMOS WCDMA Homodyne Transceiver forUMTS Mobiles,”Proceeding of 2004 IEEE RFIC Symposium, Vol.6-8, pp.69-72, Jun. 2004.
[12]N. Aneha, M. Awaga, Y. Segawa, S. Taniguchi, Y. Satoh, H. Yoshizawa, H. Nakayama and K. Inoue:“Advanced Device Technologies for IMT-2000 Systems,” FUJITSU Sci. Tech. J., 38.2, pp.209-223, Dec. 2002.
[13]千葉耕司,村田充,岡田隆監修:“携帯電話キーデバイスの開発と最新動向,”シーエムシー出版,第3章,2007.
[14]DigRF Working Group:“Dual-Mode 2.5G/3G Baseband/RF IC Interface Standard Version 3.09”
[15]3GPP TS36.101 V8.0.0:“Evolved Universal Terrestrial Radio Access(EUTRA); User Equipment(UE)radio transmission and reception(FDD),” Dec. 2007.
[16]安部田,ほか:“Super 3Gの技術動向−その2 Super 3Gの技術検討,”本誌, Vol.14, No.3, pp.63-69. Oct. 2006.
[17]G. Norris, et. al:“Application of Digital Adaptive Pre-distortion to Mobile Wireless Devices,”Proceedings of 2007 IEEE RFIC Symposium, pp.247-250, Jun. 2007. [18]VHF/UHF帯における電波の有効利用のための技術的条件(平成19年6月27日,諮問第2022号に関する情報通信審議会からの一部答申資料)
[19]T. Sowlati, D. Rozenblit, R. Pullela, M. Damgaard, E. McCarthy, K. Dongsoo, D. Ripley, F. Balteanu and I. Gheorghe:“Quad-Band GSM/GPRS/EDGE Polar Loop Transmitter,”IEEE Journal of Sold-State Circuits, Vol.39, No.12, pp.2179-2189, 2004.
[20]岡崎,ほか:“複数の周波数帯に対応可能な高効率電力増幅器,”本誌,Vol.13, No.1, pp.13-19, Apr. 2005.
[21]D. Jakonis, K. Folkesson, J. Dbrowski, P. Eriksson and C. Svensson:“A 2.4GHz RF Sampling Receiver Front-End 0.18-µ m CMOS,”IEEE Journal of Solid-States Circuits, Vol.40, No.6, pp.1265-1277, Jun. 2005.
[22]S. Karvonen, T. A. D. Riley and J.Kostamovaara:“A CMOS Quadrature Charge-Domain Sampling Circuits with 66-dB SFDR Up to 100MHz,”IEEE Transactions on Circuits and Systems 1, Vol.52, No.2, pp.292-304, Feb. 2005.

本記事は、テクニカル・ジャーナルVol.16 No.2に、掲載されています。

このページのトップへ